Q&A 相続・遺言・財産管理のよくある質問をまとめました。

相続についての質問

相続が起きたら何をするの?

先ずは遺言書があるかを確認しましょう。それにより、相続人や相続分が変わってきます。

法定相続人って何?

法律で定められた相続人です(優先順位や相続持分も定められています)。
遺言書がない場合は、法定相続人が相続することとなります。

相続の際、財産のほかに借金もあったらどうなるの?

財産を相続する場合は、借金も相続されます。
相続を受けない相続放棄という方法もあります。

遺産の配分はどうやって決めるの?

法律で定められた法定相続分に従って配分します。遺言があり、遺産の分割方法が指定
されている場合は、それに従います。(但し、一定の制限あり)

相続の際は、トラブルが起きるの?

権利関係の複雑さから感情的になることで、様々なトラブルが起こりやすいです。

遺言についての質問

遺言書はどうやって作るの?

遺言をする人が自分で書く場合や、公証人により公正証書として作成する場合があります。
遺言書は厳格な要式行為が求められるため、有効とするためには細心の注意が必要です。

遺言は何のために残すの?

自分の財産を思うとおりに残すことができます。(法定相続より優先されます)

遺言状が書かれた相続人以外では、相続はないの?

一定の相続人が最低限相続できる財産として遺留分があります。

弁護士に頼んだ場合は、どんなメリットがあるの?

弁護士は相続・遺言に関する豊富な知識と経験を有する専門家です。
ご相談内容をもとに、適切な対処方法のアドバイスを行ったり、真摯な対応で解決致します。

財産管理(後見人・任意代理契約)についての質問

物事の判断が難しくなったとき、お金の管理などはどうすればいいの?

財産管理や身の回りの事務を委任できる後見人の制度があります。
また、任意代理契約では、ご本人の判断力が低下した場合に備えて、事前に財産管理や
身の回りの事務を頼んでおくことができます。

お金の管理などを他人に任せることはできるの?

後見人制度や任意代理契約などを活用し、最も信頼できる人に頼むことができます。
弁護士への依頼も可能です。法律に強く公正な対処ができるため、信頼頂いております。

痴呆になった祖父が、悪徳商法に騙されないか心配です。

法定後見人は、ご本人が悪徳商法などに騙された場合の取消権を与えられています。
判断力が低下している場合は、法廷後見制度を視野に入れてください。

弁護士に頼んだ場合は、どんなメリットがあるの?

弁護士は後見人制度や任意代理契約などの豊富な知識と実績を有する専門家です。
ご相談内容に応じて的確な対応ができます。後見人の申し立ての手続きをはじめ、
公正な財産管理や、適切な身上監護により、揉め事のない安心したサポートができます。

料金について

お問い合せ

ご相談お問い合せ